アメリカンカールのマルとミックスのミャオとの楽しい生活♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと行ってきました~♪ NO4
2012年04月20日 (金) | 編集 |
 前回の続き 
ウブドにお住まいの I さんご夫妻のご自宅で伺ったお話です。
4、5年前に遭遇した「パンク泥棒」とは・・・

 ご夫妻で日本から戻り、バリの空港で自家用車に乗り込み、
高速道路を走行中、1台の二人乗りのバイクが猛スピードで
追い越して行った後、パンクしたのだそうです。
運転手とご夫妻が車を降りて、パンクしたタイヤを点検していた
ほんのちょっとの時間に、さっきまで車内に置いていたご主人の
セカンドバッグがなくなっていたそうです。
なくなったバッグの中には、日本から持ってきた1年分の生活費
○○○万円、クレジットカード、パスポートなどなど・・・。
タイヤを修理してそのまま警察署へ。
調書を取るのに、6時間近くもかかったそうで、疲れていたご主人も
イライラ~!!
側には新聞記者がいて、翌日の新聞に大きく取り上げられたそうです。
おまけにその新聞には、ご主人の顔写真、住所、氏名まで掲載。
住所まで出るなんて!!と、奥様は怖くなって、しばらくの間、
ものすごく不安だったとか・・・汗

ご主人曰く、犯人は空港職員(仲間に連絡)か?、荷物が多かったので
目星を付けられターゲットになった。勿論、複数犯!

 その後、日本領事館へ出向き、パスポートの再発行を
申請したのですが、領事館の人曰く、
「パンク泥棒なるものが数件、発生しているので、気を付けるように
通知を出そうとしていた所でした。」と。
もっと早く知っていれば・・・・ご主人、盗まれたお金の事を考えると
3日間ほど眠れなかったと。

オットも私も、「たったの3日???」
でも、命あってのことですから、良かったと思わねばなりませんが。


2012バリ島

こちらのお宅には、3匹のワンちゃんがいます。
3匹とも捨て犬だったそうで、バリ島では犬のメスは生まれても
ほとんどが捨てられるらしいです。
この白犬イビちゃん(拾った時、体にイビと書かれていたので命名)
すごくおりこうさんなのだそうです。

2012バリ島

ご自宅の写真を撮らせて頂いていると、ちょうどお散歩の
時間らしく、お手伝いさんが引っ張っているのですが、
ちっとも動かない!
犬って、動きたくない時は、意地でも動こうとしませんねー。
私がたまたま、「よし!イビちゃん、行くよ~、ゴー!」と、
声をかけたら、しっかりとその場を動くではありませんか?!
思わず、笑ってしまいました~。

2012バリ島

私達がいたので、もっと遊びたかったんでしょうか?
2匹は、運転手さんとお手伝いさんと共にお散歩に
行きましたが、もう1匹の黒犬さんは、先日より調子が
悪いらしく、元気がないので心配されてました。
病院へ行っても、原因が良く分からないと言われて、
治療もされず戻ってきたそうです。
良い獣医さんがいないと、ここで動物を飼うのも大変だし
かわいそうです。

後で分かった事ですが、私達が訪ねた翌日、この黒犬さんは
亡くなったそうです。
奥様がこの黒犬さんの為に、食べてくれそうなご飯を買ったり
してましたが。 あまりにも早く亡くなってしまったけれど、
ご夫妻のところに拾われて、幸せだったのだと思います。


その後、一緒に夕食をと、近くのワルン(レストラン)へ。
暗くなっていたので、写真を撮り損ねてしまいましたが、
高床式になっているガゼボがいくつかあり、一番奥のガゼボに
座りました。
お店の名前を聞いたのですが、忘れてしまいました。
こちらのお店は、新鮮な魚介類がおいしいと評判だそうです。

CIMG8618.jpg

魚のすり身のスープ

CIMG8617_20120420143309.jpg

ソトアヤム・・具沢山で食べ応え満点のスープ

CIMG8614_20120420143310.jpg

イカン・バカール(イカンは魚、バカールは焼くという意味)
スープもお魚も、本当に美味しかったです♪

CIMG8620.jpg

ご飯が入れられてくるカゴもお洒落ですね~♪
バナナの葉っぱの上にご飯が盛られていました。

その後、奥様はワンちゃんの為に先に帰り、運転手が戻ってきて
からご主人のみ、クタのご自宅へ行かれると言う事で、私達が
宿泊するホテルまで送ってくださいました。

I さんご夫妻、色々とお世話になり、本当に有難うございました。


前回の記事の追加です・・・オットが撮った写真

CIMG8475.jpg

ここが、ダイビングのリフレッシュ(復習)した場所。
10年前もこの場所でした・・・少しずつ記憶が戻る。

CIMG8467.jpg

ここは沢山のダイバー達が、契約して借りているようです。

CIMG8473.jpg

久しぶりに見る娘の、真剣な表情

CIMG8495.jpg

こういうボートに乗って、ダイビングスポットへ行きます。
そういえば、サメにも遭遇したと言ってました。
勿論、ジョーズのような危険なサメではありませんが。
(ジンベイザメではなかった)

CIMG8516.jpg

パラ・セイリングをする為、別の海へ
こちらの白人女性達も、これからパラ・セイリングをするらしく
ハーネスを装着中

CIMG8521.jpg

旗を持ったオジサンが説明中。赤い旗は右手、旗を上げ下げするので
それに合わせて、ロープを引いたりするようにと。

CIMG8529.jpg

先に娘が飛んで行き、降りてきたところ。

CIMG8530.jpg

次は私です・・・ドキドキ!
この後、ボートが動いて急に引っ張られました。

CIMG8534.jpg

手に力が入っている途中で、楽しむ余裕などない最中
しばらくしてやっと、上空を楽しむ事ができましたが・・・

CIMG8540.jpg

着陸態勢・・・右手を引いてる所ですが、凄い力がいるので
中々力が入らない!! 多分、必死の形相??

CIMG8542.jpg

ちょっと海に入ってしまいましたが、無事生還・・・爆
あっという間の飛行でしたが、こういう機会も滅多にないので
良い思い出となりました。


長いお付き合い、有難うございます。
次回も、旅行記です。
コメント
この記事へのコメント
海外には、いろんな泥棒が出没するんですね。
日本のオレオレ詐欺なんか、まだいい?
まあ、どちらも騙された方は、堪ったもんじゃないですけど。
海外で暮らすことには、慣れている方でも
こんなことに遭遇するんですね。

動物の医療状態は、その国の衛生状態、宗教や価値観に左右されそうですね。
I さん夫妻に拾われて、幸運だったんですよね。
2012/04/20(金) 16:22:22 | URL | ツブシオ #-[ 編集]
パンク泥棒なんて
すごいことを考えますね・・・
生活費をすべて持って行かれたなんて
怒りよりも焦燥感がわいてくるんでしょうね(><)
空港からつけていたのかしら・・・

エンヤさんもパラセーリングされたんですか(@@)
鳥の気分を味わったのですね~(*´▽`)
2012/04/20(金) 18:20:44 | URL | あんずミャミャ #-[ 編集]
サメーッ!!
3800円のサメの図鑑を買おうかどうしようか迷っている私にはタイムリーな記事…
でも、水中で見たらきっと30センチの魚でもすごく巨大に感じるでしょうね。
わんこはかわいそうなことで…
でも、最後にいい人達に出会えて幸せだったと思います。

素敵な旅行記、次回も楽しみです。
2012/04/20(金) 21:12:49 | URL | kao #-[ 編集]
ツブシオさんへ。
そうですねー、海外には、色んな泥棒が出没しますね。良く考えますよ。
手口も凝っていて、パンクする為の道具も、普通の釘のようなものでなく、ある部品を切って釘のように仕立て、確実のパンクするようにしたのだそうです。又、お金を持っている人を見抜く目が、これまた凄い!ですねー。

バリはまだまだ医療に関しては、遅れてます。動物もですが、人間も、知識がないらしく早死にするみたいですよ。
黒犬さんは、ご夫妻に可愛がってもらい、幸せでした。


あんずミャミャさんへ。
1年分の生活費ですよー。たまりませんよね!怒りと一緒に、後悔も!
でも、命あっての事ですからね。

パラセイリング、挑戦しましたよ~。初めての経験!落ちたら、助かるかしら?と、考えてましたよ~・・爆


kaoさんへ。
海中で見ると、小さなお魚も大きく見えますからね~。サメもよっぽど大きかったことでしょう。アーメン

黒犬さん、短い命でしたが、ご夫妻には可愛がってもらって、幸せだったと思います。
2012/04/23(月) 16:44:38 | URL | エンヤ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。