アメリカンカールのマルとミックスのミャオとの楽しい生活♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記・・・NO13(12月12日(月) ミラノ編 )
2012年01月11日 (水) | 編集 |
 美味しいものを食べて、美味しいと思える幸せ
その上、外国へ来て美しい街並みも見ることが出来て、感謝♪
食事の後は、運河沿いの散歩です

CIMG8089.jpg

ミラノの南西、ナヴィリオ・グランデ運河沿いに広がるエリア。
石造りの建物を利用したバーや、レストラン、個性的なセレクト・
ショップなども人気があるそうです。

ここナヴィリオ地区の名物と言えば、毎月最終日曜日に開催される
アンティーク市。朝10時頃から夕方まで、運河の両側の通りを
埋め尽くすアンティークショップの数は、100をくだらないと!
見てみたかった~!!

CIMG8104.jpg

歩いてすぐに、素敵なレストランが♪

CIMG8106.jpg





















クリスマスの飾りつけもさりげなく・・実にサマになってる

CIMG8108.jpg

そのレストランの隣には、今は使われていない洗濯場。
後ろの建物も、シンプルだけど、さりげなくて雰囲気があるなぁ

CIMG8114.jpg

向こう側になにやら・・・?

CIMG8115.jpg

お祈りをする女性と、キリスト?
この建物は、何につかわれてるんでしょうねー?
グリーンのドアが、目を引きます。

CIMG8116.jpg

この道をずーっと歩いてきました。確かに面白そうなお店も
ありましたが、月曜日って、店休日が多いのかな?
門の向こう側を覗くと、中庭がとても素敵な家が多かったです。
初めてきた場所ですが、ここの雰囲気ってすごく気に入った
私でした~♪

CIMG8122.jpg

地下鉄で、街中へ ケーキ屋さんのショウウインドウ
良くできてるわぁ~

CIMG8125.jpg

カルティエのお店・・・全面的にクリスマス・バージョン
私達以外にも、写真を撮ってるアベックあり!

CIMG8024.jpg

壮大なゴシック様式の大聖堂 「ドゥオーモ」1386年着工
500年の歳月をかけて建造されたこの大聖堂は、荘厳な
雰囲気と威厳にみちています。見た途端、圧倒されました!
「ドゥオーモ」の最大の特徴は、天に伸びる135本もの尖塔。

現在、ここは長期の修復中で、完了時期は未定だそうです。
(隣のデパートの、宣伝用巨大ポスターが貼られていた)

CIMG7968.jpg

ちょうどこのイスの前が祭壇になっており、ラッキーな事に
ミサが始まりました。
この写真には、神父様達は写ってませんが(良いのがなくて)、
初めてのミサ、そして聖歌がとっても素敵で、ずっと聞きたかった
位でした。大司教さまだったのか?真紅のローブに襟元には、
金色の刺繍がほどこされたのをまとっていました。
最初は暗かった内部も、ミサが始まると、ライトが照らされて
明るくなってきたのでした。
もっとじっくり見るつもりが、ミサを見てて閉館の時間に
なってしまい・・・
この写真の奥のほうにも、祭壇があったようです。

サグラダ・ファミリアとは又違った、厳かな雰囲気に呑まれて
しまった感じでした~。

CIMG7865.jpg

ミラノでも、バルセロナでも、移動は地下鉄でした(ツアーバス以外)
便利だなぁって思ったのは、地下鉄の利用が10回分使える
チケットがあった事。何度もコインを出して、買わなくて済むので
面倒くさくないし、それだけ観光客が多くもあるんでしょうね~。

CIMG7866.jpg

で、この地下鉄でアナウンスが流れますが、日本語で
「スリにご用心ください」と!! ビックリ~

はい、このメガネをかけたオッサンは、スリの一味でした!

電車が到着、ドアのちょうど中間地点にいたので、左に
行きかけたけど、オットが動かなかったので、右へ。
このオッサンは、私の動きで左に行きかけ、やめて右へ。
すると、乗ってすぐドア付近で立ち止まり、私は動けない。
後ろにいたオットは、前へ進めず・・・やっとこのオッサンが
前へ行ったので、私は奥へ。
するとなにやら声がして、誰かのメガネが落ちてる・・私は
オットのメガネ?!っと思ってかがんで見たら、若い男性が
メガネを拾いながら、オットの足を触っているではないか!!
あまりにもわざとらしい仕業に、私も「アー、スリ?」と。
オットが持っていた、ポーチを狙っていたのでした。
この時の一味は、多分最低3名はいました。集団でしかける
ので、普通の人は(特に日本人)気をとられている内に
やられてしまいますね。
オットも旅慣れしてるので、大事なものは全部上着の内側など
に入れて、用心してます。ポーチには絶対に入れない。

実は、バルセロナでも一度、スリに遭遇しました。
エスカレーターで、すぐ前に女性が、後ろには男性が。
そして、何も収穫がない時は、捨て台詞を言って立ち去る。
今回の旅行で、2度のスリに会いましたが、幸いにも
どちらも被害もなくて済みました。
オット曰く「オレのような相手で、残念でした!」確かに。

CIMG8135.jpg

ミラノでも、「無印良品」のお店が。

CIMG8140.jpg

雑貨を売ってたので、ついつい見てしまう

CIMG8142.jpg

ブランド物よりも、こういうのが一番、見るだけで楽しい♪

CIMG8141.jpg

CIMG8143.jpg

「M」地下鉄マークですが、一度マクドナルドと勘違い 爆

CIMG8148.jpg

歩いてホテルに戻りました。
旅行の間の歩数・・・最高が22394歩!す、凄い
うちにいる時は、ゴミを捨てに行くにも車なのに・・。
これも、バルセロナで買った靴のおかげだわ~♪

この日で、ミラノ泊も終了です。

CIMG8158.jpg

12月13日 ミラノ中央駅のバス乗り場へ

CIMG8160.jpg

この中央駅も見る予定だったのですが、行かずじまい。
朝、7時半でこの暗さです。

CIMG8161.jpg

バスの車内から・・・沢山の旅行者があちこちにいます。

CIMG8164.jpg

最前列に乗って。

CIMG8172.jpg

マルペンサ空港に到着です。

CIMG8169.jpg

CIMG8177.jpg

空港から、アルプス山脈が見えます。
いつか又、この光景を見れたらイイナと、思います。


 長いお付き合い、本当に有難うございました。
つたない文章で、皆様、笑われたことでしょう・・・汗
(実は、オットに笑われることが何度もあって!)
昔から、文才もない私、お許しくださいね~。
写真も沢山ありすぎて、選ぶのに時間が掛かったり
(門やドアなどの写真も撮ったけれど、載せず)


初めてのスペインとイタリア。
短い滞在でしたが、それなりに堪能しました。
帰国してから、パエリア食べてなかった、イベリコ豚、
ティラミス・・・等、食べてなかった事を思い出したのでした。

本当は、スペインだけにする予定でしたが、トランジットで
寄るついでに、せっかくなら・・と。
楽しい思い出が、増えて良かったです。

次回からは、ネコブログに戻りますね~♪



コメント
この記事へのコメント
旅ブログ、お疲れさまでした。
十分楽しめましたよ。
特にスリが!!

だって、バルセロナってが多くて有名だもの。(イタリア以上?)
旅で一番重要なのは、美味しいものや、
美しい風景をみることではなく、
無事に日本に帰ってくることなんだなぁ~
とつくづく思います。
それがなければ・・・楽しい思いでとはいえませんものね。
2012/01/11(水) 09:16:04 | URL | ツブシオ #-[ 編集]
大聖堂、素晴らしい!
ここで行われるミサは圧巻なんでしょうね・・・

って隣にスリですか?!
バルセロナはスリが多いといいますが
まさか遭遇するとは・・・
被害がなくてよかったです。
いかに、日本が安全な国か・・・

この旅ログ、フォトブックにしたら
すてきでしょうね(*´▽`)
2012/01/11(水) 14:25:28 | URL | あんずミャミャ #-[ 編集]
ツブシオさんへ。
旅ブログ、やっと終わりました~。
写真を沢山載せたので、時間が掛かってしまいました。いつもコメント下さり、嬉しかったです。

スリ、イタリアも多いと聞いてましたが、スペインも。用心に越したことはないですね。でも、やっぱり日本人は、うっかりやられてしまうと、思ったのが実感です。
無事に戻る、これって、やはり大事ですね。


あんずミャミャさんへ。
ミサ、良かったですよ~♪
感動しました。一人の神父様の歌声にバックコーラスもいたり、まさしく、グレゴリアンの世界でした!
経験がなかったので、余計に感動したんですよ。

スリ、日本人はやっぱり狙われやすいみたいですね。だって親切だから、あそこで、メガネを拾ってあげたら、その隙に盗まれるのですから。

フォトブックに?しっかりもう、現像しました~。
2012/01/11(水) 15:57:30 | URL | エンヤ #-[ 編集]
楽しかったです
エンヤさん、こんにちは♪

まぁばっちり写ってる
この方スリさんなんですね(驚)
イタリアと聞いたとき大丈夫だったのかしらと正直思ったんです。
実は、肋骨折って帰国した方のお話を聞いたことがあって
何事もなく本当によかったですね
よき出会いもありましたね
イタリアで出会ったチャーミングな女性ホント笑顔がすてきです!

気温差がすごかったみたいで驚きました
高熱がでずに最後まで旅行で来て本当によかったですね

スカラ座のNG写真素晴らしい
一度でいいからここでオペラとかみてみたいなぁ・・

最後の晩餐ラッキーでしたね
私「ダ・ヴィンチ・コード」ハマった人だったので
キリストの手が未だに気になりますw

どの写真見ていて
どれも興味深くて、そしてとても楽しかったです

いつかまた機会があったら門やドアなどの写真も拝見してみたいです
というのは、私が大好きな写真家のベルンハルトM.シュミッドの
「世界のドア」をふと思いだいして、おもしろそうだなぁと思ったから・・
2012/01/11(水) 23:35:30 | URL | まぁるぼうろ #BzN1Ennk[ 編集]
わたくしも旅を堪能(?)させていただきました~
ラス・メニーナス、一度ホンモノを見てみたい(´-`).。oO
我がオットもスッペインイッターリアへ行ったことがあるそうな。
だけど旦那さまのように旅慣れた方がいないと、やはり…
怖いですね(;゚д゚)
スリとはビックリ!
日本って治安もさることながら、設備もサービスもしっかりしてるんだなぁ…
と変な所で感心しました(笑)
お帰りなさーいっ!!
2012/01/12(木) 16:47:16 | URL | kao #-[ 編集]
まぁるぼうろさんへ。
長ったらしい、旅行ブログをやっと終える事ができました。
余計な部分があったかな~?なーんて、思いましたが、自分らしく!と思って色々と、見たこと、感じたことを載せ、言葉にしました。楽しんでもらって、嬉しいです。

オペラ好きの人には、スカラ座は魅力でしょうね~?すごく客席が素敵だったんですよ^^。
 「最後の晩餐」完全予約制だったので、諦めてましたが、本当にラッキーでした。予約なしで行っても、可能性0%だったので。

まぁるぼうろさんがお好きな写真家、全然知りませんでした。
私も、ちょっと変わった視線で、物を見ることがあるので、門やドアのデザインなど、興味津々でカメラに収めました。いつか機会があったら、載せますね~。
「世界のドア」探してみようかな?


kaoさんへ。
「ラス・メニーナス」良かったですよ~。せっかく行ったという事で、美術館や博物館は、ヨーロッパって沢山ありましたから、色々行ってきました。
ご主人も、行かれた事があるんですね。
日本は、やっぱり治安がいいです。
向こうでは、スリも堂々としてますよ。笑
2012/01/13(金) 01:12:31 | URL | エンヤ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。